週刊現代の加藤編集長時代

2006年に、保守派の加藤晴之が編集長に就任し、現代の論調は大きく変化した。食肉利権の内情や、大相撲の八百長疑惑などのスクープが見られたが、2年弱の在任中に部数が激減したばかりか、多くの名誉毀損訴訟を抱え、後に過去最高額の損害賠償を命じられる結果となった。加藤晴之自らがテレビ、ラジオ等に出演することもあった。「愛と勇気の」といった自画自賛的なキャッチフレーズも登場した。

2006年春に誌面リニューアル。表紙を一新し、ヌードグラビアを自主規制した。その際大橋巨泉の「内遊外歓」など多数の連載が唐突に打ち切られ、「内遊外歓」の最終回ではその事情が明かされた。(巨泉は加藤が週刊現代を去った2008年10月から新たな連載をスタートさせている)

2006年3月25日号で、格闘技イベントPRIDEを主催するDSEとフジテレビと暴力団の関係についての記事を掲載。6月にフジテレビはPRIDEの放送の契約解除を発表した。DSEは4月に週刊現代を名誉毀損で提訴し、フジの放送契約解除を受けてイベント興行に関する損害賠償請求訴訟、さらに刑事事件として威力業務妨害罪で告訴すると発表した。しかし、損害賠償請求は提訴されることなく、2007年にDSEは外国人(他団体「UFC」のオーナー)が中心となる新会社にすべての権利を売却することを決定。実質的に同社は消滅した。

深海祭り

ヨコハマおもしろ水族館で第3回深海祭りin赤ちゃん水族館が開催されるそうです…。

 

昨年11月に「焼津の深海おじさん」こと長谷川久志さんが名誉館長に就任したことで有名ですよね。

今回は長谷川久志さん・一孝さん親子と共に春の特別企画としてイベント化されています。焼津の深海おじさんによる深海ザメの解体ショー&トークショー、深海魚漁師&飼育員による館内探検ツアー、オオグソクムシや深海ザメなどの「深海生物おもしろ試食体験」……んっ?他には深海生物に触れることができるタッチコーナーが用意されているそうです。

 

スルー仕掛けましたが、オオグソクムシや深海ザメの試食体験??何を言っているのかさっぱりですよ??

オオグソクムシは揚げ物にされるそうです。あぁ、揚げ物なら小さく切ったり衣がついてたり…してない!!衣もつけず切らずに素揚げ!!まんまオオグソクムシ!!これはなかなか視覚的ダメージでかいですよ…!甲殻類らしいので多分エビやカニのような感じなんでしょうけど…グソクムシかわいいーとか思ってますけどこれはさすがに…駄目でしょう!!

エビフライみたいなの想像してたんでちょっとショッキングでしたよ…!

5秒ルールは存在した

食べ物が床に落ちても5秒以内に拾って食べれば大丈夫大丈夫。

いわゆる「5秒ルール」に科学的な根拠があるかもしれないという研究結果を、イギリスのアストン大学が発表しました。

 

同大学では、トースト・パスタ・クッキー・キャンディーを、さまざまなタイプの床(カーペット、ラミネート、タイル)に3~30秒接触させて、大腸菌とブドウ球菌がつくかを調べました。

その結果、床から食べ物への細菌の移動は、接触時間によってされたりされなかったりと変わることが分かりました。また、床のタイプによっても違いがあり、水気のある食べ物の場合、接触時間が5秒を超えると、ラミネートやタイルの床では細菌が移りやすく、カーペットの床では移りにくいという結果が。カーペットだと毛があることがやっぱ重要なんですかね。タイルだとぺちょって全部くっついてしまうような感じですし。

 

床との接触時間が細菌の移動に影響するというのは、5秒ルールの裏付けとなりそうです。

ただし教授は「床に落ちたものを食べるのは、そのとき床にいた細菌の種類によってはリスクがある」としており、食べない方が安全とのこと。そりゃあ間違いないぜ教授。

とはいえ今回の研究結果は、これまで5秒ルールに従ってきた人をいくらか安心させることが出来ると思いますよ!自分も5秒とか3秒とか言って落としてしまったポテチバリバリ食べてますからね…。

それに加えて「大丈夫!科学的根拠あるから!」って付け加えることが出来るんですから。やったぜ

魚が車を運転

画像認識技術を提供しているオランダのStudio diipという会社が、魚が運転できる車を開発しました。

ん、どういう意味だって?つまり魚が車を運転するんです。何を言っているのか分からないと思いますが、魚が車を運転しているんです。

 

4輪が付いた水槽の中には、1匹の金魚。なんと金魚が泳ぐ方向に合わせて水槽が走っているのです。実は水槽の上にある小型カメラが水槽のどこに金魚がいるかを検知し、水槽カーを金魚が向かう方向へ動かしているんです。

凄いですね!でもなんで金魚なんでしょう。

 

これが実装されたら、エサよこせよーってこっちに水槽車イン金魚がくるんでしょうか。なんか微笑ましいような気も…。

でもこの技術って何かに応用できないですかね?目線を動かせばその方向に移動とか…よそ見厳禁になりますけど

ウソ

毎年4月1日になるとウソに全力なネット業界ですが、エイプリルフール向けに面白法人カヤックがウソを販売しています。

ウソを販売しています?

でも、お高いんでしょう?

 

Twitterなどでつぶやける程度のウソを制作する「140文字のウソコース」(4万1000円)

Webサイトの制作をする「ささやかなウソコース」(100万円~)

企画はもちろんWebサイト制作やPR施策までやってしまう「真っ赤なウソコース」(200万円~)

さらに豪華版の「超リッチなウソコース」(300万円~)とコースもさまざま。

 

リッチなウソって何ですか?カヤックさんは本当にこういうことに本気ですよね…!

今までも「ベッド型スマホを開発」「大仏が立った」というウソをサラッと言う上に「自社サイトをウソで埋め尽くす」「4/1限定で経歴詐称OKの求人」「他社のエイプリルフールのウソを勝手に実現」という事すら平気で取り組むようなところでした。

 

人生楽しんでんな…。

でもこんな会社ならばクオリティは凄まじいものでしょう。商売にしようとしているレベルですからね。

 

エイプリルフール、なにか悪だくみをしている方々。ここにウソが売ってますよ

飲酒がばれる…

通行トラブルの相手をボンネットに乗せたまま車を走らせ怪我をさせたとして、大阪府警八尾署は3奥野竜史容疑者を殺人未遂容疑で逮捕しました。

 

発表では、路上で被害者の男性を軽乗用車のボンネットに乗せたまま約800メートル運転し、男性に頭部打撲などの軽傷を負わせた疑いとのこと。

2人は車の通行を巡って口論となり、その際に男性から酒臭いと指摘された奥野容疑者が逃げようとし、車の前に立ち塞がった男性を避けずに発車したそうです。それで撥ねた男性をボンネットに乗せたまま逃走…。恐ろしいですね。

「飲酒運転がばれると思い逃げた。男性がけがをするとは考えなかった」と言っているそうですが、人を轢いておいて怪我をする」と思わなかったってどうなんです?

それに飲酒運転って…ダメダメすぎでしょう。

 

被害者の方は本当に災難でしたね。飲酒運転かもしれない男性を止めようと前に立ち塞がったのに轢かれるなんて…。

犯人はしっかり罪を償ってほしいです。

峯岸みなみ不運の炎上

AKB48の峯岸みなみは「今日のご飯がギョウザだって楽屋で話したら、メンバーがお家まで遊びに来てくれました!」とその日行われたイベントの打ち上げを行ったことを報告。

峯岸みなみに大島優子、川栄李奈、横山由依、仲川遥香といったAKB48のメンバーたちがテーブルを囲んでピースサインをする写真を公開しているのだが、なぜかこの写真が炎上しているのです。

 

えっ?と思いますがよく見ると、奥に写り込んだテレビにはアニメ「サザエさん」の波平の姿…。

これは同日亡くなった声優・永井一郎さんの訃報のニュース映像の一部であり、ネット上では「メンバーが集まっての楽しい打ち上げ」ではなく「永井さんの訃報の前でAKBがピースサイン」というように注目を集めてしまっているのです。

 

実際にこの写真を見てみたのですが、結構大きく映っちゃってますね…。全員の後ろにある大きいテレビ一面に波平さんの姿が…。

タイミングが悪すぎましたよね…。流石にこれはいちゃもんじゃないでしょうか。

別にAKBが特別好きなわけでも養護するわけでもないですけど、たまたまつけっぱなしにしていたテレビで訃報をやっていて、気付かずに写真を撮っただけでしょうに。

叩ければなんでもいい、みたいな感じ嫌ですねー。

 

彼女が気の毒です。

ワニが少年襲撃

オーストラリア北部準州のカカドゥ国立公園で、12歳の少年がワニに襲われて行方不明になっているそうです。

警察によると、カカドゥ国立公園内の沼で泳いでいた子ども5人のグループがイリエワニに襲われました。

1人の少年は両腕を噛まれながらワニと格闘して逃れたものの、ワニは次にその12歳の少年に襲いかかり、そのまま泳ぎ去ってしまったそうです。

 

オーストラリア当局は、この一帯で体長2メートル以上のワニを見かけた場合は射殺するよう命令が出され、その中で体長4.3メートルと4.7メートルのワニが射殺されましたが、いずれも胃の中から人体の部位は見つからなかったとのこと…。未だに少年は行方不明だそうです。

 

聞くだけで背筋が凍るような事件ですよね。

というより、そんなワニが出るような場所が遊泳許可ってどういうことなんですか?しかも今は季節的な洪水が発生していてとても危険だと聞きました。

泳いでいる子供たちも子供たちですし、そんな場所を遊泳可能にしているのもどうかと思いますよ。

こんな事件が起きてからじゃ遅いんですよ。犠牲が出てからしか動かないのは駄目ですよね…。

 

それに射殺された無実のワニも可哀想です。

少年が早く見つかることを願うばかりですね。

こたつでミカン

電気こたつの国内生産が激減している。

そして昔はみかんの出荷量も大きく減少している。

ほかの果物や菓子などスイーツが多様化したことも原因として考えられるが、こたつとみかんの減少に相関関係があるとの仮説を立て、オフィスなどのデスクやテーブルの上にみかんを置く運動も現れているそうです。

いずれにしても、こたつとみかんという当たり前だった冬の日常が、過去のものになりつつあるのかもしれません。

 

更に昭和生まれの人にみかんを家のどこで食べるか尋ねると、大部分が「こたつ」と答えるが、平成生まれの若い人は「ほとんど食べない」と返答するというのです。若い世代はこたつイコールみかんという連想をしない、むしろみかんを食べないということなのです。

 

なんということでしょう…。

こたつといえばみかん。うたたね。風邪。この三拍子なのに…。

おこたでみかんの文化が消えていくのは悲しいです。

 

でも確かに、今の部屋はフローリングだったり冷暖房が完備されていたりで、冷えた部屋でこたつを広げてぬくぬく・・・なんてやらないのかもしれません。

こたつがなくても暖をとれてしまいますからね。

 

しかし寂しいですね。こたつに入って寝っ転がりながらみかんやお餅を食べてテレビを見て…。

今の若い人は理解してくれないのでしょうか。こたつに入ったら出れなくなるという都市伝説も知らないのでしょうか。

寂しいです…。

ジャスティン・ビーバー

カナダの男性歌手ジャスティン・ビーバーが、マイアミビーチの公道でスポーツカーによるスピードレースを行い逮捕されました。

その後、飲酒および薬物影響下の運転容疑で起訴されたとのこと。

 

やってしまいましたね…。つい最近隣の家に卵を投げつけて問題になったばかりだというのに。

今だけでもおとなしくできなかったのでしょうか?

 

ちなみにジャスティンは友人達の車で公道を塞ぎ、レースを行っていたそうです。制限速度48キロのところ88~96キロで走行していたとのこと。

警察はジャスティンが協力的ではなく、無効な運転免許証を所持していたと話しています。

取り調べで、運転前にアルコールほか大麻、処方薬を摂取していたことを認めたそうです。

 

未成年で大金を持つと恐ろしいですね。デビューした時のあの爽やかさと可愛らしさはどこに行ってしまったのでしょうか…。

お騒がせな話題はちょくちょく聞きましたがついに逮捕とは…。もう駄目かも分からないですね。

ちなみにジャスティンはお金を払い、釈放されたそうです。

 

これからも絶対また何か事件を起こすんでしょうね…。薬は怖いです…。