5秒ルールは存在した

食べ物が床に落ちても5秒以内に拾って食べれば大丈夫大丈夫。

いわゆる「5秒ルール」に科学的な根拠があるかもしれないという研究結果を、イギリスのアストン大学が発表しました。

 

同大学では、トースト・パスタ・クッキー・キャンディーを、さまざまなタイプの床(カーペット、ラミネート、タイル)に3~30秒接触させて、大腸菌とブドウ球菌がつくかを調べました。

その結果、床から食べ物への細菌の移動は、接触時間によってされたりされなかったりと変わることが分かりました。また、床のタイプによっても違いがあり、水気のある食べ物の場合、接触時間が5秒を超えると、ラミネートやタイルの床では細菌が移りやすく、カーペットの床では移りにくいという結果が。カーペットだと毛があることがやっぱ重要なんですかね。タイルだとぺちょって全部くっついてしまうような感じですし。

 

床との接触時間が細菌の移動に影響するというのは、5秒ルールの裏付けとなりそうです。

ただし教授は「床に落ちたものを食べるのは、そのとき床にいた細菌の種類によってはリスクがある」としており、食べない方が安全とのこと。そりゃあ間違いないぜ教授。

とはいえ今回の研究結果は、これまで5秒ルールに従ってきた人をいくらか安心させることが出来ると思いますよ!自分も5秒とか3秒とか言って落としてしまったポテチバリバリ食べてますからね…。

それに加えて「大丈夫!科学的根拠あるから!」って付け加えることが出来るんですから。やったぜ