死の動物園

インドネシア・ジャワ島東部のスラバヤ動物園でなんと、ライオンが首をつった状態で死んでいたそうです。

動物園側は檻の中にあるケーブルに首が引っ掛かってそのまま亡くなったという事故死を主張しているそうですが…。

 

しかしこの動物園はメディアから「死の動物園」と呼ばれているそうです。

2年間で500匹もの動物が死亡。その中には今回のような不審死もあるそうです。

 

客から投げ入れられたたばこを吸うオランウータンや、お腹の中から大きなプラスチック片が見つかったキリン

農薬入りの肉を食べて亡くなったトラ、コモドドラゴンが盗まれるなど、この動物園はこのような黒い話ばかりだそうです。

 

正直、動物たちを別の動物園に移してこの動物園は閉鎖されるべきだと思います。こんなの動物たちが可哀想じゃないですか。

飼育員に非がなかったとしても、たばこを投げ入れてくるような客が来るような動物園ですよ?

それに2年間で500匹っておかしくないですか?園の方もおかしいとは思わなかったのでしょうか?

 

本当に恐ろしい話題です。

詳しい調査が必要ですね。