FBが自殺防止機能を全世界で導入

交流サイト最大手の米Facebookは15日、自殺や自傷行為をほのめかす友人の投稿を簡単に通報できるツールの提供地域を、全世界に拡大すると発表したそうだ。
この自殺防止ツールはこれまで米国で試験運用が行われていたという。自殺が懸念される投稿を見つけたユーザーは、不適切なコンテンツなどを報告する際と同じプルダウンメニューから通報できるとのこと。Facebookの専門チームが危険度を判断し、必要があれば介入措置を取るそうだ。
自殺防止団体のフォアフロント、ライフライン、Save.orgが協力し米国で開発されたこの自殺防止ツールは今後、同様の取り組みを行う団体と連携して世界各国で提供される予定だという。
人と人とのつながりがSNS中心になってしまっていると思うとなんだか寂しいが、SNS上で自殺願望などを察知して未然に防ぐことができればそれに越したことはない。あらゆる方向から自殺対策は行われる必要があるのかもしれない。