民泊サービス『Airbnb』が被災者に緊急宿泊場所を無料提供

4月15日、「平成28年熊本地震」を受けて、話題の民泊サービス『Airbnb(エアビーアンドビー)』が無料で泊まれる緊急宿泊場所の提供を開始したそうだ。熊本地震で被災され避難先を探している方は、掲載されている宿泊先に4月20日まで無料で泊まることができるという。
この災害緊急支援は、2012年10月に発生したハリケーン・サンディの被災者に対して、ニューヨークのホスト1,400人が家を開放したことをきっかけに始まったものだそうだ。これまでサンディエゴの山火事やロンドン、サルデーニャ、コロラドの大洪水などで行われており、最近では昨年11月13日にフランスで起きたパリ同時多発テロ事件も対象となったという。
無料で提供される部屋は35件。福岡市内の宿泊先が多いということだが、熊本市内のものもあるそうだ。
Airbnbでは引き続き緊急宿泊場所として協力してくれるホストを募集しているとのこと。なお、緊急宿泊場所を提供したホストは、宿泊料は無料ながらもAirbnbのホスト保証を通常通り受けられるようになっているため、万が一財物破損が起きてもAirbnbのサポートが受けられるとのこと。
こんな時だからこそ、お互い助け合っていきたいものだ。